水素水と関節リウマチ

水素水と関節リウマチも実は関係がありそうです。

 

関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、全国に70万人とも100万人とも言われている病気です。主な病状関節の内側にある滑膜が変形や痛み、違和感を起こすもので、最終的に関節の変形・破壊が起こります。

 

関節リウマチの原因と考えられているのが、アレルギーやアトピーと同じように免疫機能の異常で、こうしたものを生じさせているのは多くの場合、悪玉活性酸素によるものと言われています。

 

関節リウマチの患者では、悪玉活性酸素を減少させることによって症状の改善があると言われていて、今も多くの研究や調査を行った論文が発表されています。

 

多くの研究で、関節リウマチ患者に対して水素水を続けて投与した場合にリウマチ症状の改善、また完治が見られたとしています。個人の状況や病状、水素の濃度などさらに細かく、その効果が検証されている段階ですが、何かしら有用であるということについてはまちがいないと考えられています。

 

水素水に含まれている水素は、悪玉活性酸素を除去しますし、関節内で生じている炎症に対しても水素がアプローチして、抗炎症作用を発揮していると考えられています。

 

その他にも血行が良くなるなどの効果もあるため、損傷した関節部の修復も速めているのではないかと考えられ、多様な角度から症状の緩和や改善に働きかけているようです。

 

関節リウマチも水素の健康効果も完全に判明しているわけではありませんが、今後のさらなる研究によって有効性がより確かなものとなっていきそうです。こちらも参考に:http://xn--gck4a9ayf6a8df.com/