アトピー性白膜症の詳しい症状と対策

白内障というと加齢に伴って発症する老人性白内障がもっとも有名でしょう。しかし、アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、アトピー性皮膚炎が原因となって白内障を発症してしまうことがあるのです。

特に顔の部分にアトピー性皮膚炎の症状がでていると、30%前後の人に白内障の症状も現れてしまうといわれています。また進行のスピードが遅いと言われている老人性のものと比べて、早い速度で進行していくことが多いのです。

発症する年齢も比較的若いといわれています。10代~30代といった若い世代の人たちが発症する確率が高いとされているのです。点眼薬などを使って白内障の症状を遅らせるといった治療法もあるのですが、これは一般的には進行の速度の遅い老人性白内障の場合のみです。

アトピー性白内障というのは老人性白内障に比較して、進行のスピードが速いことで知られています。ですので、どうしても内服薬や点眼薬などではその症状が抑えられないことも多くあるのです。ただアトピー性皮膚炎と白内障との因果関係などは実はまだはっきとはしていないのです。

ただ皮膚がかゆくて、かいたりこすったり叩いたりしてしまうことが原因のひとつではないかとされています。10代の前半などの子どもの場合は、かゆくなってしまうとどうしても我慢できずに無意識的にもかいてしまうかもしれません。

こうしたことを防ぐにはやはり、親が目を配ることがいちばんでしょう。そして、子どもが皮膚をかいていたら優しく叱ってあげるくらいの気持ちでいることが重要です。なかなか自分では自覚できないうちにかいていることもあると思いますので、厳しく注意するのではなく優しく注意してあげてください。

そうすることで言われた方も意識しますし、かくという行為に自覚的になってくるでしょう。また、アトピー性皮膚炎の症状を抑える内服薬の中にも水晶体を濁らせる作用があるものが含まれているのかもしれないといわれています。

ですが、アトピー性皮膚炎の薬をやめるわけにはいきませんよね。ですので、かいたり、叩いたりといったことをしないように心がけるようにしてください。また、定期的に眼科の検診をうけておくのも大切なことです。

予防にもつながりますので面倒でしょうが、定期的に通うことをおすすめします。もし白内障が発症してしまったら、老人性白内障の場合と同じように手術することになるでしょう。理由は上述したように、進行の速度が速いために、点眼薬や内服薬ではあまり治療にはならないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *