眼精疲労の対策にどんなことが良い?

最近、眼精疲労の症状がある方が増えています。長時間の目の酷使によって、眼精疲労がたまると、ドライアイ・ピントが合わせづらい・異物感などの症状が現れます。また、その他に肩こりや頭痛、不眠、神経症なども併発するようになります。

現代人は目を酷使する環境にさらされていますから、このような環境から目を守るために、眼精疲労を避けるためにはどうしたらいいでしょうか。

この時、

①眼精疲労の原因をどこまで取り除けるか
②早めの治療を受けること

の二つが大切です。

眼精疲労は、ただ目だけに症状が出るのではなく、悪化していくと神経にまで影響が及び、神経症を引き起こすといわれています。眼精疲労の原因が仕事上の問題だったりすると、それを取り除くのは至難の業です。しかしながら、それで神経症になってしまえば目も当てられません。

神経症というのは、ストレスが原因で起こる様々な不調のこと。実は何でもないと思っていた腹痛や頭痛の原因が、眼精疲労によるケースもあるのです。眼精疲労を避けるためには、その原因をまず取り除きましょう。

眼精疲労の原因は、目に負担をかけすぎることです。私たちの今の生活は、目を知らず知らず酷使しています。ですが、意識して日常生活や仕事の中で対策すれば、眼精疲労を大きく軽減することが可能です。

たとえば、部屋の明るさに気をつけてみましょう。暗すぎるのは当然NGですが、明るすぎるのもNGです。また、読み書きをする際、距離が近すぎてもいけません。見る対象との距離は、30cm~40cmは最低でも必要だといわれています。

そして、机・椅子の高さが体に合っていない場合、姿勢も悪くなりますし、目を疲れさせてしまう要因にもなってしまうそうです。姿勢が悪いのは見た目にもよくありません。背筋が曲がっていたり、目を極端にディスプレイに近づけてしまったりしていませんか?もし思い当たる節がある方は早速その習慣をやめましょう。同時に目の疲れをとるサプリを飲むと効果的です。

また、適度に休憩して目を休ませてあげてください。たとえば1時間パソコンで作業したら、10~15分ほど休憩するなど自分でペース管理をするようにしましょう。。ディスプレイやキーボードは目の位置より下にくるようにします。できれば、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が画面も大きく、目線と同じ高さにディスプレイが来るので目にやさしいです。

あまりにも気を遣わなくなると、ドライアイになってしまい、目に必要な酸素や栄養の供給が滞ったり、細菌やゴミによる感染症にかかりやすくなってしまいます。眼精疲労の対策は難しくありません。心がけひとつで、大きく状態を改善することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *