血糖値が下がらないときの対処法は何があるの?

血糖値を下げようと食生活の改善や運動などをしている方は多くいらっしゃいますが、なかなか下がらないと思って諦めていませんでしょうか。血糖値が下がらないからと放置をしてしまうと糖尿病になる危険性がありますので下がらないで諦めるのではなく、まず医師と相談するようにしましょう。

糖尿病になってしまうと、心筋梗塞、脳卒中、視力障害、腎臓病、神経障害などの合併症によって最悪の場合は命を落としてしまう可能性もあります。そして、この合併症の中でも一番早く引き起こされるのは糖尿病性神経障害といわれておりますのでその点も覚えておいてください。

糖尿病性神経障害というのは神経が変性することで、しびれや知覚に異常が出始めます。そして症状が悪化すると顔面神経の麻痺、自律神経の乱れといったような深刻な症状も現れてくるでしょう。

また、糖尿病性網膜症の場合は目が見えなくなる症状であったり、他にも動脈硬化を引き起こしてしまう合併症も存在します。糖尿病になると血糖値を下げることが難しくなることで、治療をするのが非常に大変になってしまいます。ですので、そうならないためにも事前に血糖値を下げる努力をする必要があります。

自己判断で血糖値を下げる方法を見出すのではなく、医師と相談してどういう風に血糖値を下げればいいのかを聞くことも大切です。血糖値がどうしても下がらずに高い数値の状態が続く場合はインシュリンというホルモンを病院で投与してくれるので気になるという方は早めに相談することをオススメします。

血糖値対策にこちらもおすすめです!⇒血糖値を下げるサプリメントランキング

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *