猫の腎臓病を防げ

猫に多いトラブルのひとつが、腎臓に関するトラブルです。腎臓は一度調子を崩し、腎不全にまでいたってしまうともう元には戻りません。加齢に従ってトラブルは発生しやすくなりますから、注意を払う必要があります。

予防や、悪化する前の対処に有効なのが食事療法です。腎臓病のサインは、飲水量と尿量が増えたり、体重の減少が続いたり、毛並みの様子が変わったりするといったものがあります。

猫は普段水分摂取をあまりしませんが、妙に水を飲む姿が目立つようになってきたら腎臓病を疑って、病院を受診しましょう。

腎臓病は進行性の病気ですから、基本的に大きく改善することはなく、リスクを背負いながら生きることになってしまい、いつかは腎機能が完全に機能しなくなってしまいますから注意しましょう。

腎臓がトラブルを受けるのは、タンパク質の摂取量が多い場合には仕方が無い部分があるそうですが、猫はタンパク質を摂取しないといけない生き物ですから、よりトラブルの発生は深刻な状況を招きます。適度な量のタンパク質を考えて与える必要があります。

食事で注意すべきは、リン・ナトリウムの摂取を抑えたり、血流をよくするEPAなどのオメガ3脂肪酸を摂取することです。

食事の種類や量を考えてフードを与えることは、猫の健康管理に非常に大切です。食事療法に適したフードは、こういった症状に有効というような表示や広告文があることも多いので、腎臓病に有効なものを探してみると良いでしょう。

参考に:危険なキャットフードとは?成分や原材料などを徹底解説しているサイト

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *