返済が2か月以上遅れてしまった場合

ちょっとした不注意により2ヶ月間の支払い遅延が発生するケースもありますが、ほとんどは支払い困難な状態に陥ってしまうことで発生します。支払い遅延の状態が2ヶ月間続くと、個人信用情報機関に動きが見られるようになります。個人信用情報機関にも色々ありますが、CICに異動情報が登録されてしまうのです。

当然ながら、クレジットカードや住宅ローン等の利用にも支障を来しますので、なるべく早めに解消しておきたいものです。CICの異動情報として延滞情報が含まれています。約定返済日より61日以上(又は3ヶ月以上)支払いが滞っている場合において、そのような情報が記録されます。実際のところ、延滞日数に関しては、個人信用情報機関のCICに加盟しているクレジットカード会社や消費者金融ごとに異なることがあります。

ですが、大抵は3ヶ月以上の支払い遅延を放置していると確実に登録が行われることになるでしょう。いつまでも支払い遅延を続けてしまうのはあまり好ましくありません。収入を確保する方法を考えたり、支出を減らそうと努力したりするなど、自分なりに対策を講じる必要があります。

そこで、収入を確保するための方法としては、副業に着手してみるのがオススメです。そして、副業を通して稼いだお金は全て支払い遅延の解消に充てるようにしましょう。くれぐれも借金をするようなことがないよう注意しましょう。このような窮地に追い込まれている状況下において借金が生じたとしても、返済できる見込みはほとんどありません。

それから、ギャンブルも借金に繋がります。ギャンブル好きな人はハマリすぎないように気を付けましょう。
また、支出を減らしたいなら、家計簿ソフトを活用しましょう。家計簿ソフトを使うことによって、お金の管理がしやすくなります。
支払いの遅延を解消するだけの金額を捻出するためにも、家計を上手にやりくりしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *